危険な医薬品ではない | ペットのノミダニ予防はフロントラインスポットオンで手軽にできる
袋の中にある青いカプセル

危険な医薬品ではない

インターネットを中心に、最近ではフロントラインスポットオンが危険な薬だと主張している人たちも増えてきています。
急速にインターネットが発達した今、ペットに関する情報はインターネットを利用して集めていると思いますが、こういった意見を見ると不安になってしまいますよね。
一度不安になると安心してフロントラインスポットオンを使えないので、この噂の真相を確かめたいと考えている飼い主さんも多いことでしょう。

そもそもフロントラインスポットオンが何故危険な薬だと噂されているのかというと、使用されている成分に理由があります。
フロントラインスポットオンの有効成分はフィプロニルという成分なのですが、この成分は殺虫剤などにも使われることがある成分です。
殺虫剤にも使われる成分をペットのノミダニ駆除薬に使っているなんてという思いからこういった意見が生まれたようですが、フィプロニルは脊椎動物にはほとんど影響を与えない成分です。
ペットの身体に投与しても、犬や猫といったペットにはほとんど影響を与えず、寄生しているノミやマダニに対してのみ、効果を発揮してくれるのです。
つまり、フロントラインスポットオンをペットに投与しても、健康面にはほとんど影響を与えず、ノミやマダニのみを狙い撃ちできるのです。
このような特徴があるため、フロントラインスポットオンはペットにとって危険な医薬品というわけではなく、ノミやマダニのみを的確に駆除できる優れたノミダニ駆除薬になります。
今までフロントラインスポットオンに対して不安を持っていた飼い主さんは、安心してフロントラインスポットオンを使いましょう。